学研教室の教室について 算数

2018/10/19
ロゴ

算数の知識を活用し、解決方法を自ら見出す力を育む!

 

算数教材の「囲みを読む→問題を解く」という構成は、お子様が自分で読み解き、問題の意味を理解することをねらっています。さらに今後は、単純な計算力だけでなく、文章題の場面を読み取り、絵や図を使って説明する力や、身近な事柄を算数の知識を使って考える「活用力」が重視されます。

基本教材でしっかり基礎を身につけ、発展教材の「文章題」や「活用問題」にも取り組むことで、文章題を解くのに必要な力を養い、活用問題にも対応できるようになります。これらの教材学習を通して、ゆっくりじっくり考える、また試行錯誤する習慣が身につくとともに、未知の問題に出会っても、学んだことを工夫し、活用することで解決方法を自ら見出そうとする力が育まれます。