読解力とは 学研かにがや教室より

2018/08/21
ロゴ

読解力とは、言葉に表せない思いを感じる力

 

 読解力とは、一般的に「文章を読み、書いてある内容や行間にこめられた思いをくみ取る力」というように考えられています。でも、もう少し広く捉え、例えば、人が深く傷ついたり悩んだりしたときの言葉に表せないような思いを感じることも「読解力」だと思うのです。読解力は、単に国語の成績を上げるためのものではなく、日常生活の中で、他者の言葉にできない気持ちを理解するためにとても重要な力だと考えています。